あろきゃに♪ぶろぐ

DTMや便利なアプリ、さらにアニメから日常の出来事までを綴った壮大なストーリー

レビュー

Frekul(フリクル)に登録してみた

2017/10/03

 

あろきゃに♪のギターのせん太郎です、こんにちわ。

前々から気になっていたFrekul(フリクル)にやっと登録してみました。

アカウントを作ったり楽曲のアップロードが想像以上に楽だったのでその過程もふまえて書いていきたいと思います。

Frekul(フリクル)

 

Frekul(フリクル)とは

そもそもFrekulってなんなのって話なんですが、最近ではiTUNESやLINE MUSICなどに楽曲の配信を代行してくれるサービスがけっこうあるんです。

その中のひとつがFrekulなんですが、他のサイトとは違う大きな部分は無料だということです。

だいたい月額か年額を払わなければいけないところが多いのですが無料です。

Frekulでは楽曲の配信代行だけではなくライブの予約受付を簡単にしてくれたりメルマガで効率的に告知することが出来ます。

これが無料で出来ます。

Frekul(フリクル)

 

登録がめっちゃ簡単

そんなFrekulに登録してみたんですがめっちゃ簡単に出来ました。

こんな簡単に出来るんだってぐらい簡単でした。

メールアドレスを用意してアカウントのIDを打ち込み、パスワードを設定すればだいたい完了です。

楽曲も登録の流れでアップロード出来ます。

運営からメールの返信を待ってアドレスの本人確認とかないです。

あ、Frekul運営チームの代表の海保けんたろーさんから「Frekulというサービスに込めた熱い想い」が綴られたメールが来るぐらいでしょうか。

簡単なのでとりあえず登録だけしてもいいと思います。

元手がいらずお金が稼げる可能性がありプロモーションも出来ます。

これ、やらない理由はなくないですか?

YouTubeやニコニコに動画を投稿している人ならとりあえず登録してみればいいんじゃないでしょうか。

ピアノの月枷さんも始めちゃいました。

 

登録が済んでプロフィールを諸々設定するとこんな感じになります。

Frekul(フリクル):せん太郎@あろきゃに♪

プロフィール欄に動画が貼れたりTwitterのフォローボタンがあったりURLを載せるとちゃんとリンクになったりするのがとても素晴らしいです。

こういう気の利くとこは素直に好感が持てます。

 

登録して2日が経ちますが今のところLumitのみ配信が開始されている状況です。

たぶんほかのサイトに配信が始まればお知らせが来ると思います(たぶん)

そして約24時間で再生されました。

こうやって人に聞かれることを実感できると素直に嬉しいですよね。

たった1回ですが嬉しいです。

 

注意点

褒めっぱなしのFrekulですが注意点がいくつかあります。

  • アップロードする曲はmp3で25MB以内
  • 2,000円を越えないとお金を受け取れない
  • 還元率は60%
  • 「放送権」「インタラクティブ配信権」をJASRACなどに信託している曲はアップロード出来ない
  • 「カラオケ配信」「Frekul広告」などは有料
  • 各ストアからの収益は売上が発生してから約6ヶ月後に「お金の管理」ページに反映される

ぐらいでしょうか。

このへんは公式のヘルプを見るのが早いかと思います。

Frekul(フリクル):ヘルプ

 

正直、初めたばかりなのでよく分かってなかったりします。

なにか気付いたことがあれば追記していきたいと思います。

 

生配信アプリ「SHOWROOM」と、音楽活動支援サービス「Frekul」が提携しました!

今話題の「SHOWROOM」と「Frekul」が提携したらしくFrekul経由でSHOWROOMに登録すると通常の「アマチュア」ではなく、「ミュージック」
カテゴリで公式アカウントとして配信できるようです。

とりあえずFrekul経由でSHOWROOMに登録しましたがSHOWROOMをやってないので今のところなんとも言えません。

でもなんかお得感はありますよね。

SHOWROOMは始めたいと思っていたので良いきっかけにもなりました。

ここにも注意点があるのですが、必ずSHOWROOMには登録しないままでFrekulからのご連絡を待って下さい。

先にSHOWROOMアカウントを作ってしまうと「アマチュア」カテゴリでの配信になってしまいます。

Frekul経由でSHOWROOMに登録するとSHOWROOMのアカウントを向こうで作ってくれます。

こんなメールが来るのでSHOWROOMには登録せずにメールが来るのを待って下さい。

 

まとめ

とりあえずで始めてみたFrekulですが現状報告としてはこんな感じです。

そんなにデメリットも感じずに始められるものなので悩む前にやってみてはいかがでしょうか。

プロフィール設定のカバー画像はTwitterでいうヘッダーみたいなものです。

少しFrekulに期待しつつ今後の動向を見ていきたいと思います。

 

ちなみにですがFrekulのことをTwitterでつぶやくと海保けんたろーさん(@kentaro_kaiho)がいいねなりリツイートをしてもらえるのでインプレッションが驚くほど上がります。

なので積極的につぶやいていきましょう。

 

それではまた次回。

 

 

 

 

-レビュー