あろきゃに♪ぶろぐ

DTMや便利なアプリ、さらにアニメから日常の出来事までを綴った壮大なストーリー

レビュー

Steinberg USBコントローラー(チャンネルコントローラー) CMC-CHを使ってみて

2016/09/01

 

今回紹介するのはこちら

Steinberg USBコントローラー(チャンネルコントローラー) CMC-CH『平行輸入品』 パッド

商品の説明
Steinberg USBコントローラー(チャンネルコントローラー) CMC-CH『平行輸入品』。。。。。。 Cubase のパワフルなチャンネルセクションをハードウェア化した、チャンネルコントローラー。 16個のイルミネーテッドボタン、グリーンに光る PAN ノブ、そして LED 内蔵タッチセンシティブフェーダーを搭載し、 オートメーション、ソロ / ミュート、パン、ボリュームなど、トラックの操作を片手で思い通りに。

1年ほど前に購入してみました。

知り合いから安くで買えました。

今回は少し頼りないレビューですがお許し下さい。

 

 

いきなりですが今は全く使っていません。

なぜなら、これが無くてもパソコンのキーボードや画面上で同じ操作が出来るからです。

ミュートはM、ソロはS などデフォルトでショートカットキーが設置されてます。

INSERTやSENDS、EQはマウスがでクリックすれば出ますし。

なので慣れが必要です。

あえてこっちのコントローラーを使うようにしないと使わなくなります。

 

残念ながら自分は慣れませんでした。

今までどおりキーボードでやるのではなくこれを積極的に使っていく練習が必要ですね。

 

宅録がメインの方はきっとこっちのほうが向いていると思います。

Steinberg TRANSPORT CONTROLLER CMC-TP

再生、停止、録音ボタンはもちろんスクロール、ズームイン/アウトが出来るのは便利だと思います。

ギターなどを持ちながらだとPCとの距離ができてPCのキーボードが押しづらかったりしますので。

 

CMC-CHも悪くはないのですが個人的にはCMC-TPにしておけば良かったなと思っています。

レコーディングに立ち会う方にはCMC-CHがいいかもしれませんね。

人によって必要なものが違うので少しでも参考なればなと。

むしろ全部のコントロールがひとつになったCubase専用コントローラー「Steinberg ADVANCED INTEGRATION CONTROLLER CC121」という選択肢も…あるかも!

-レビュー