あろきゃに♪ぶろぐ

DTMや便利なアプリ、さらにアニメから日常の出来事までを綴った壮大なストーリー

レビュー

数年ぶりに洗濯槽の掃除をしたら失敗した話。【ネットの情報は信用するな】

2017/10/11

 

今回は洗濯槽のお話です。

皆さん洗濯槽のお掃除ってしてますか。

自分は2年ぐらい前に洗濯槽の掃除をしたんですよ。

掃除したって言っても洗濯槽に水を張って洗剤を入れて放置してすすぐだけなんですけどね。

ネットで調べた感じだといかにも楽に書かれてますが自分の場合は失敗しました。

その経験談を書いていきたいと思います。

 

酸素系か塩素系

その当時のネットの情報では「塩素系より酸素系!汚れがめっちゃ落ちる!」というのが主流でした(2~3年ぐらい前)

でも今は違うみたいですね。

酸素系と塩素系は明確に違いがあり用途によって使い分けよう、みたいになってます。

では酸素系と塩素系の違いを説明します。

 

酸素系

酸素系の特徴として

  • カビを剥がして取り除く
  • お湯と反応して泡が出るためカビを剥がし取る効果がある
  • カビが浮くので見た目的に効果がありそう
  • お湯でやることで泡の効果が上がる

塩素系

  • カビを殺菌分解して取り除く
  • 殺菌力は酸素系より高い
  • 臭いがする
  • 普通の水で大丈夫

ざくっとした特徴はこれぐらいでしょうか。要するに

酸素系漂白剤は汚れを浮かび上がらせるので視覚的には落ちてるように見える。塩素系漂白剤は汚れを分解するので見た目的に汚れが落ちてないように思うが殺菌作用は高い。

というとこでしょうか。

参照記事:○http://yomemanners.com/2564.html ○http://xn--365-4k4bodqhlg.com/archives/4999.html

 

当時は「塩素系はウソ!酸素系で本当のお掃除を!」

なぜ唐突に洗濯槽の掃除をしようかと思ったかといえば、どこかのまとめサイトで「これ使ったらめっちゃ洗濯槽の汚れ落ちたw塩素系使ってるやつは酸素系でやってみろwww」みたいなのを見たんですよ。

塩素系漂白剤の代表格としてカ○キラーってありますよね。

あれは「漂白してるだけで汚れは落ちてない。汚れを落としたいなら酸素系を使え」というのが当時の流れでそれを信じてました。

正直、この記事を書くまで「塩素系では汚れは落ちない」と思ってましたし。

酸素系は汚れが浮き出し見た目で汚れが取れてるのがわかるのでそう思った人が多かったのでしょう。

 

テレビの情報は信用がないとか言いますが想像以上にネットの情報も信用ならないなと。

拡散力で言えばテレビのほうが大きいと思いますが、デマの数はネットの情報のほうが多いと思います。

ネットの情報を何も疑いもせずに信じるのはとても危険ですね。

 

実際にした洗濯槽の掃除方法

では実際に自分が洗濯槽を掃除した流れを説明していきます。

ネットの情報を疑うこと無く信じていましたが手順としては間違っていなかったかなと思います。

まずは酸素系漂白剤で洗濯槽を掃除しようと思いこれを使いました。

酸素系漂白剤1kg(過炭酸ナトリウム100%)過炭酸ソーダ 凄い破壊力 洗濯槽クリーナー [01] NICHIGA(ニチガ)
酸素系漂白剤1kg(過炭酸ナトリウム100%)過炭酸ソーダ 凄い破壊力 洗濯槽クリーナー [01] NICHIGA(ニチガ)

これを洗濯槽に水を溜めて投入して半日放置しました。

放置して蓋を開けてみると黒いゴミがめっちゃ浮いてました。

その状況を見て汚れが落ちたと確信したのすすぐことにしました。

 

でも、すすげどすすげど汚れが浮いてくるんですよ。

さすがに3回すすいでも汚れが出るので調べてみました。

すると

「酸素系で掃除しても中途半端に汚れが取れてしまい、すすぐたびに汚れが浮いてくることがある」とのこと。

なんてことだ。

まぁ、ずぼらして水でやっちゃってましたしね。

 

じゃあどうすればいいんだよ!と思いさらに調べるとこんなのが出てきました。

日立 洗濯槽クリーナー SK-1
日立 洗濯槽クリーナー SK-1

わりとお値段は高めです。

でも汚れが消えない状況として文句も言ってられないので近所のお店で買いましたよね。

店主さんいわく「業務用で使ってるのだから効くよー」とのことでした。

 

で、試してみたところ浮いてくる汚れは白くなってるし細かくはなってますが、すすいでもすいでも汚れは浮いてくるわけで。

今まで黒かったのが白いゴミになっただけでした。

こんな高いクリーナー(お店では2,000円+税)を買いましたが解決には至りませんでした。

 

リーサル・ウェポン

これでもダメなのかということでさらに調べてみると「お酢がいい」と出てきました。

お酢がいい理由としては洗濯洗剤の残りカスを取ってくれるというもの。

洗剤が洗濯槽に残ってしまいますが、それをお酢の成分が分解してくれるというような内容でした。

さすがになー、と思いながらもこのままだと洗濯機を買い換えなければなりませんので迷ったあげく試してみることに。

 

さすがに異様な光景でしたね。

水を張った洗濯機にお酢をひと瓶入れるさまは。

匂いもかなりしますしこんな経験は二度とないと思います。

だって洗濯機にお酢を入れるんですよ。

ないないありえないです。

洗濯機を捨てるつもりでやりましたよね。

 

 

で、結果としては

 

何も変わりませんでした。

 

相変わらず汚れは浮くし洗濯機を買い直すことを決意しましたよね。

 

まとめ

じゃあ最終的にどうしたのかと言えば一度洗濯してみました。

洗濯して洗濯物にその汚れが付くのであれば諦めようと思い試してみたところ、意外と洗濯物には汚れが付かなかったんです。

むしろ、洗濯槽のお掃除効果かもしれませんが柔軟剤の匂いがとても目立つようになりました。

じゃあこれでいいじゃん、ってことで自分的には解決しました。

 

 

この記事で言いたいことは単純に2点です。

  • ネットの情報を信用しすぎるな
  • 洗濯槽の掃除は失敗する可能性もある

です。

 

実践してみても結局は自己責任です。

何があっても他人のせいには出来ませんね。

信用したのも期待したのも自分だということをお忘れなく。

他人のせいには出来ませんね。

なので気になることは自分自身で徹底的に調べるのがいいかと思います。

 

それではまた次回。

 

-レビュー