音楽配信開始!

アルバム『FOCUS』のネット配信開始 BOOTHでの音源販売 Spotifyでのストリーミングほか、AmazoniTuneなど各音楽配信サイトにて配信

最近観たオススメの洋画

広告

今年に入って海外ドラマを見る頻度が減っています。

あろきゃに♪のギターのせん太郎です。

今回は海外ドラマの代わりに洋画をけっこう観たので面白かったオススメの作品をネタバレなしで紹介していきたいと思います。

 

オブリビオン

あらすじ

エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。
生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。
パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。
混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。
彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。

 

まずなんと言っても映像が素晴らしく綺麗です。

壊滅した地球の設定なんですがほんとにそこにあるように感じてしまうレベルで綺麗でした。

作り物感もないし乗り物や建物の設計もスタイリッシュでめっちゃカッコいいです。

ただ武器だけが変に未来感というかSF感が出てて逆にチープに思えたのが少し気になりましたが、全体的には良くできていたかと。

 

感想

話の流れもただ敵と戦うだけでなくちゃんとしたストーリーとサプライズな点をちゃんと押さえていたので飽きることなく観れました

まぁ、王道な作品です。

個人的には無理にハッピーエンド感を出そうとしているラストには「ほんとにそれでいいのか?」と思いましたが許容範囲なのでよしとします。

というより、やっぱトム・クルーズはカッコいい。

アクションなんかは動きに華があるしなんというか「ほぼ普通の人間」、って感じがいいですよね。

戸惑ってたり焦ってる顔なんかが好きなんですがわかる人いますかね。

モーガン・フリーマンも出ていますが出番は少な目で美味しいとこだけ持っていく美味しい役どころです。

是非映画館で観たかったと思えるほどの映像のクオリティなので自宅で観賞の場合は部屋を暗くして極力大きな画面で観てほしい作品です。

素晴らしきかな、人生

あらすじ

広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。
やがて会社の業績も悪化し、社員たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も気が気ではない。
そんな中、ハワードは舞台俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)との出会いによって、少しずつ変化していき……。

あらすじからなかなかぶっ飛んでます。

詳しく書くと会社の立役者でもあり親友でもあるのに「このままあいつが仕事しないなら会社が倒れるから探偵雇ってあいつのダメなところを探して取締役から退任させよう」っていう慈悲のかけらもない3人がウィル・スミスを陥れる計画がなんやかんやで好転してなんとかなったハートフルな物語ですからね。

え、どういうこと?って思いますよね僕も思いました。

でもウィル・スミスや他の共演者の演技力で壮大なハートフルストーリーになってるんですよ、ほんと嫌味じゃなく。

 

感想

上ではさんざんな書き方をしましたがきっかけや動機にはツッコミを隠せませんでしたがちょっぴり感動できる良い話にちゃんとまとまってます。

やっぱり役者さんの演技力ってすごい。

感動させるぞ、という思惑に全力で演技されてるので謎の感動がそこに生まれるんですよね。

オチとしては若干不明な点がいくつかありますが、ネットのレビューなどで色々な考察があるのでそれも面白かったです。

原題はコラテラル・ビューティー(Collateral Beauty)で作中では幸せのオマケとして訳されていたのが印象的でした。

休みの日に少し優しい気持ちになりたいとき観るといいかもしれませんね。

 

ドント・ブリーズ

あらすじ

街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。
だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。
明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。

盲目の元軍人の家に大金を盗みに入ったらおじいちゃんがめっちゃ強くてマジやばい、みたいな話です。

主人公サイドがそもそも悪者っていう肩を持てない見方をするとたぶん楽しく観れないと思うので、共感とか抜きにしてホラーとかスリラー映画としてシンプルに観たほうがいいですね。

演出の仕方が上手くドキドキして観れました。

 

感想

まず強盗に入られる盲目のおじいちゃんのスティーヴン・ラングがすごくハマり役でめっちゃ怖いです。

殺気というか狂気がやばいです、めっちゃ怖いです。

あんなおじいちゃんに凄まれたらダッシュで逃げたくなりますよ。

ストーリーも上手くできていて二転三転する流れは脚本の完成度の高さが感じれます。

個人的には真っ暗になってで暗視カメラでのシーンがあったんですが、そのときの逃げ惑うところがすごくリアルで感心しました。

暗闇の中だと自分もああなるんだろうなと思うと恐怖と電気の有り難みを感じずにはいられません。

あとやっぱり犬は苦手です。

吹き替え版では水樹奈々さんと梶裕貴さんが担当されています。

ライト/オフ

あらすじ

電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)を守るため、レベッカ(テリーサ・パーマー)は久々に実家に帰ってくる。
二人はたくさんのライトを用意して夜を迎えるが、次々に明かりが消え暗闇からえたいの知れない何かが迫ってくる。
狙われる理由もわからぬまま不安な時を過ごす中、レベッカの一家に隠された秘密が明らかになり……。

普通にホラーですし普通に驚くし普通に怖かったです。

夜中にひとりで観てしまい眠気が飛んでしまいました。

予告編だけでも怖さが伝わると思います。

このパッと出てくる感じがめっちゃ怖いです。

もともとは動画サイトで公開され人気になったのが映画化されたようですね。

 

感想

まず暗闇でしか見えないという設定もいいのですが、その見せ方が上手いというかすごいんです。

光を当てた瞬間消えるけど暗闇になるとまたそこに存在する、それがいい具合に表現されてます。

あまりホラーを観ないのでその設定も斬新でした。

あと彼氏がめっちゃいいヤツ。

基本空気みたいで全体のキャラ配分と演出やストーリーの幅を増やすために用意されただけのポジションだし予告編にも一瞬しか出ない、なんなら警察官の方が出てるしなんて不遇なヤツなんだと同情したくなりますがとにかくいいヤツです。

伊達にメンヘラに恋してないです。

ホラーを観たいけど何を観たらいいか迷ってる人にオススメの作品です。

まとめ

面白い、面白くないに関わらずいつも映画を観たあとってレビューサイトやブログで他の人の感想を読むのが楽しかったりします。

自分は面白いと思っても酷評されてたりその逆も然りで人それぞれの感想って面白いですよね。

たぶんこれってその作品の余韻を楽しんでいるんだと思います。

地上波初放送とかじゃないかぎり家でひとりで観たものって他の人と共有したり感想を言い合ったりが難しいですよね。

なのでこの記事が誰かの感想や余韻と共有出来たら良いなと思いますし、また不定期ですが書いていきたいと思います。

 

以上「最近観た洋画の感想」を読んで頂きありがとうございました

それではまた次回。

月枷
(つきかせ)

海外ドラマは全部見ようと思うと長いし、結局終わりまで見れなかったりするので映画のレビューは助かります♪
私も昔はよく映画見てたんだけど…B級映画のレビューでもしようかな(笑)

この記事を書いた人:あろきゃに♪

あろきゃに♪

エレキギターのせん太郎とピアノの月枷でネットを中心に活動しているユニット『あろきゃに♪』 作曲から演奏まで二人で創作し、ブログを使って情報発信中。

広告

最新情報をお届けします