あろきゃに♪ぶろぐ

DTMや便利なアプリ、さらにアニメから日常の出来事までを綴った壮大なストーリー

レビュー

初心者必見!リアル脱出ゲームで押さえておきたい4つのポイント!

2017/10/03

あろきゃに♪のギターのせん太郎です。

最近巷で話題のリアル脱出ゲーム。

あれ楽しいですよね。

というわけで、まだ行ったことのない人や初心者の人でもこれだけを押さえておくと楽しめポイントを紹介していきたいと思います。

 

手当たり次第に探す

まず部屋に入ったら部屋中をくまなく調べましょう。

引き出しがあれば開ける、絵があればさわる、スイッチがあるなら押してみる、などとりあえず調べてください。

するとヒントとなる物や暗号が見つかると思います。

それらを使って謎を解きましょう。

実は初めて参加したリアル脱出ゲームでは残念ながら脱出は出来なかったのですが、終了後に答えを聞くと意外と発見出来てない物がいくつか出てきました。

動く物は動かしてくまなく探し、壁や床、天井もしっかりと探しましょう。

たぶん受付で言われると思いますが動かせないものやさわってはいけないものには印や注意文か書かれてあるので、ちゃんとしたがッテ下さい。

絶対に力づくで動かさないようにしてましょう。

 

手当たり次第に試してみる

暗号やヒントが見つかったらとりあえず色々試してみましょう。

考えてわかればいいのですが「もしかしたら」と思ったら試しましょう。

だいたい謎を解くのはひらめきだったりしますが自信がなくて試してみたら正解だったなんてこともたまにあります。

ここまでは基本の流れですがこのあとが重要で、もし不正解だった場合には周りの人に「こう思ったんだけど違った」と伝えましょう。

間違うのは仕方ありませんがそれを人に伝えることが大切です。

一人では思い付かないことを他人に言われ、それがヒントになったりします。

これこそがリアル脱出ゲームの醍醐味でもあります。

なので失敗しても積極的に思い付いたことを口にすることで行き詰まった謎への突破口になるでしょう。

人の意見を聞く、これは人生でも重要なことですね。

 

人の意見は尊重しよう

色々試してみようと少しかぶるのですが他の人の意見を聞いて「それ違うんじゃねーの」と思っても試してみましょう。

謎がなかなか解けないときは意外とイライラしたりするものです。

そんなときに「それはちょっと・・・。」思った意見でも試してみましょう。

やる前から否定されると気分は良くないものです。

ここで不機嫌になられたりギクシャクするとゲーム中でもゲーム後でもよろしくありません。

 

うまくいかないからといって思いやりのない態度をとると関係が悪くなるだけです。

もし相手の意見が違うなと思っても、相手の意見をしっかりと聞き頭ごなしではなく提案程度の意見にとどめておきましょう。

心にゆとりを持つ、これは普段の人間関係でも大切です。

おおらかな態度を見せることで「大人な人」と思ってもらえるチャンスでもあります。

 

協調性が試される場

いざリアル脱出ゲームに行ったはいいけど全然分からなかったり自分には向いてないなと思うかもしれません。

人には得手不得手があるのでそれは仕方のないことです。

でもせめてゲーム中はやる気のある姿勢を見せましょう。

心底つまらないなと思っても心底帰りたいと思っても頑張ってください。

大人数ならバレないかもしれませんが、そのやる気のない態度が全体の士気を下げますし、やる気のある人の怒りを買うことにもなりかねません。

 

「誘われて来たけど失敗した」「お金と時間ががもったいない」と思う気持ちはよくわかります。

ノリの違う合コンに来てしまったのと似ていますね。

周りはとても盛り上がってるけど盛り上がるどころか盛り下がる一方の自分。

でも人には得手不得手があると書いたように自分が得意とする分野の話題(謎)が来るかもしれません。

そのときに今までやる気なさげに不機嫌そうにしていると話題(謎)について参加しづらくなりますよね。

それを避ける意味でも常に話題(謎)に参加している姿勢は見せておきましょう。

いつでもコンパ(リアル脱出ゲーム)の主役になれるようにしておくのもテクニックです。

そして自分が主役になったならその時はEasyに(落ち着いて)自分のターンを無双しましょう。

 

まとめ

最後は何の話か分からなかったのですがリアル脱出ゲーム、楽しいですよ。

謎が解けたとき、脱出出来たときの達成感はここでしか味わえないと思います。

お店によってシステムや料金が違うので合うところ調べて行って下さい。

初めての方だと難易度は低めでとりあえず脱出することをメインに考えて選ぶのもいいと思います。

脱出できないと満足感は半減しますので。

日常ではない非日常のひと時を是非楽しんで下さい。

 

 

それではまた次回。

-レビュー