あろきゃに♪ぶろぐ

DTMや便利なアプリ、さらにアニメから日常の出来事までを綴った壮大なストーリー

未分類

長く続ける個人的な4つのコツ

2017/04/24

何かを長く続けるってとても難しいことだと思います。

貯金だったりダイエットだったりブログだったり。

自分も長続きしないことは多々あります。

今回はそんなお話です。

 

そんな長続きしない人の特徴として強い言葉を使いたがります。

例えば、少しの間お酒を飲むのをやめようと思ったとします。普段なら「お酒を飲むのを控えよう」とか言うのですが長続きしない人は「禁酒する!」となぜか禁酒というワードを使うんですよね。

他にもダイエットを始めるときは「痩せる!」や「食事制限!」などのワードを使いたがります。「ブログを毎日書く!」とかも言っちゃいます。

こういう強い言葉を使うとハードルを上げすぎて欲求を我慢していることに我慢できなかったり、強制されてる気になりストレス過多で諦めてしまっているケースもあると思います。

ではなぜ強い言葉を選ぶかというと、きっと強い言葉を使わないと続かないと思っているからでしょう。

今までの経験で自分が続かないと性格だと自覚していて「今度こそは!」と 強い意志=強い言葉 になっているのかと。でも強い意志表示が逆効果になっているような気もしますよね。

 

大丈夫です。今まで続かなかった人間がそう簡単に続く人間にはなれません。

そこをまず自覚してください。

 

長続きしない人は長続きしてる人

人ってよっぽどのことがない限り変わりませんし、よっぽどのことがあっても変わらない人は変わりません。そんなものです。

長続きしない人はずっと長続きしないことを永遠に続けるのかもしれません。

でもこの文でもわかるように「長続きしないことは長続きしてる」わけです。つまり何度もチャレンジはしているということです。

これ、すごいことです。

チャレンジして失敗すると挫折してチャレンジすることを諦めたりしますが、長続きしない人はチャレンジし続けるんです。

ダイエットだったり禁煙だったり禁酒だったり貯金だったりと。一度失敗したものも一周まわって再挑戦してたり。

すごいです、この不屈の精神。煽り抜きにすごいと思います。

 

失敗は成功のもと

長続きしない人は挑戦の数だけ失敗があるわけで。

失敗をするということは得難い経験をするということでもあります。

失敗には必ず原因があり、原因までの過程があります。それは次への対策を生みます。失敗を経験して分析し、次にいかす。これが何度も何度もあったはずだと思います。

はい、それが出来てませんね。

だいたい長続きしない人になんでやめたのかを聞くと「向いてなかった」「思った以上にキツかった」「飽きた」などが多いです。

はい、出来てませんね。

失敗しただけで、どこがダメだったのかが抽象的過ぎて対策が練れませんし、正直失敗したことを悔いてるのかすら疑うほどけろっとしてます。

だからこその不屈の精神なのかもしれませんが得難い経験を無にする、とても粗末な行為だと思います。

もし次に失敗したときは少しでもいいので向いてなかった原因やキツいと思った箇所、飽きてしまった過程を考えてください。
自分に向いてると思える方法やキツい箇所の改善、飽きない工夫が出てくるかもしれません。

 

まぁ、そこまで考えないからこそ何度もチャレンジできるとこはありますけどね。

 

ゆとりでいい。もっと気楽に

初めに長続きしない人は強い言葉を使うと書きましたが、これは自分を奮い立たせることでもありますが単純にハードルを上げることでもあります。

自分でハードルを上げ、それに加え期間の設定が滅茶苦茶でハードルは雲の上まで上がってるなんてことも。

3ヶ月で20㎏痩せる、1年で100万円貯めるとかが筆頭かと。

冷静に聞けばわかるんですが言ってる本人はいたって真面目で出来ると信じています。うん、がんばれぐらいしか言えませんね。
そんな人はまず目標と期間にはゆとりを持ちましょう。大きくゆとりを持ちましょう。

貯金の場合なら「3ヶ月で5万円」や極端な話「毎月2,000円」でもいいと思います。まずは続けることに慣れることです。

やってみてわかると思いますが3ヶ月何かを続けることは想像以上に難しいことです。毎日出来なくても1日休んだりサボったりしたあとにまた再開することが破滅級に難しいです。それこそ雲の上ほどの難易度です。

やろうと思っても「まぁ、いいか。明日やろう」ってなりますから。ここが一つの壁だったりしますよね。

 

自分をほめる。めっちゃほめる

何度も書きますが続けるのはとても難しいことです。3ヶ月でもすごいですし、なんなら1ヶ月続いただけでもすごいです。

なのでもし1ヶ月続いたら自分をほめてあげてください。誕生日なみに祝っていいと思います。大げさではなく続けるってほんとに難しいんです。

成果が出ても嬉しいのですがそれ以上に続けられたことをもっと喜んでいいと思います。目標はまだまだ果てしなく遠くてもそれに向かって進んでることは大変素晴らしいことです。

なので続けている自分を続けることに注いだエネルギーと同じぐらいほめてあげましょう。

そうすればやっていることが楽しくなってくると思いますよ。
結果は気にせず今の自分をほめてあげましょう。

 

まとめ

まとめると

  • 目標に具体性をあまり持たない
  • 長いスパンではなく、まずは2ヶ月とか短い時間続けてみる
  • 効果がなかったり余裕が出来れば少しだけノルマを増やす。ほんの少しだけ
  • 自分をほめる。頑張った分だけ自分をほめる

こんな感じでしょうか。

何かを続けるって難しいですよね。どうしても肩に力が入って続けることが苦痛だったり、続いても無理をしているのですぐに息切れをしてやめてしまうなんてこともありましたし。
自分も長続きしないことはたくさんありました。変わりたいと思う変わらない想いだけでは意味がないんですよね。

続けてる人ってほんとすごい。

でもそれと同じぐらい続かない人の何度もチャレンジする精神や姿勢は大好きです。諦めて生きてる人より何百倍もかっこいいです。

もし何かやりたいことがあるならもう一度チャレンジしてみてはどうでしょう。出来る範囲での長続き。いいと思いますよ。

 

それではまた次回。

-未分類